ミョウガの育て方|株に元気がないときは?

  • 投稿日:
  • by mj2004
  • カテゴリ:

myogaA.jpg


ミョウガは、1回植えると、
3~4年は、そのままでも毎年収穫できます。
しかし、だんだんと根茎が混み合い、
株自体も老化して元気がなくなると収穫量が減ります。

1.間引きをする
ミョウガの老化を防ぐためには、
5~6月か、11月下旬から12月上旬に、
1m間隔で長さ40cmずつ根株を掘りとって、
間引きをしてあげます。

掘り起こした根株は、
20~30㎝間隔で植え付けます。
ミョウガは連作が苦手ですから、
新しい場所や用土に植え替えます。

2.土と石灰を補う
ミョウガは酸性土でも育ちますが、
苦土石灰で中和した用土を好みます。
間引いた後に中和した土を補います。

3.追肥と敷きわらをする
ミョウガは肥沃な土地が好きなので、
梅雨明け前と地上部が枯れたころに、
追肥をしてやります。
また、冬には敷きわらやもみがらをかけて、
乾燥から保護します。